演劇の魅力

観客の目の前でライブでする芝居のことを「演劇」といいます。
「舞台」と言うほうがわかりやすいかもしれません。
映画では1カットのなかで集中して芝居をし、監督や俳優のこだわりのもと納得するまで撮り直すことが可能です。
それに対して演劇は、一旦上演が開始されれば幕が下りるまでとまることはなく、セリフ忘れや間違いがあってもやり直すことができません。
生身の人間の姿を観客の前にさらし、体全体で芝居をし続けるのです。
映画は何度見ても変わりありませんが、演劇は上演し続けていることで芝居が深まるなど、日々変化していきます。
観客の反応によって俳優の演技が変わることもありますし、公演中でも演出が変わることもあり、一度として同じ舞台になることはありません。
時にはハプニングに遭遇したり、アドリブを楽しむこともできます。
そこにライブで芝居を観るという醍醐味があり、観客も演出者のひとりとなり作品の世界観を共有することができるのです。

演劇についてのあれこれ

演劇とは表現活動の一種で、主に舞台で行われ、ストーリーやそこに込められたテーマ、メッセージを生身の役者の演技を通して客席にいる観客に表現する者です。起源は古く、古代ギリシアなどで行われたように、宗教的な儀式が発展したという説や、人間が自然に自身の感情を表現したり動物などの真似をした際にそれを観て楽しんだものがいたことから始まったという説もあります。技術が発達するにつれ、役者の演技だけでなく、大道具や小道具、メイク、舞台照明などその部隊の世界感を観客に伝えるための要素が増えてきていて、より複雑なものを表現できるようになっています。クレーンを用いたり、ワイヤーで役者を吊るすことにより空を飛ぶ表現や水中を泳いでいるというシーンを見せたり、舞台の一部が持ち上がったり、奈落を利用することによって、高低差や人物の入退場を表現することができます。
演劇には、台詞と演技によりストーリーを進めるストレートプレイや歌唱を用いるミュージカル、オペラなど様々なものに分類されています。「舞台はなまもの」といわれていて、これは生身の役者が演じているため、その日の役者自身のコンディションや観客席の反応などに影響されやすく、同じ日の同じ演目でも1回目の公演と2回目の公演では動きや台詞の言い方に微妙な差があり、全く同じものは2度と観ることができないことが由来です。
また、実際に舞台で行われているものや観客の反応を見て、演技や台詞を変更する場合もあります。演目の1日目を「初日」、最終日を「千秋楽」といいます。


注目サイト

中国切手の買取専門店大吉 黒崎店
http://fuku-fuku.co.jp/
神戸のケータリング
http://www.kjsystem.jp/partycraft/
交通事故に強い弁護士
http://www.ishii-law.jp/
東京のライブハウスなら
http://www.saha.co.jp/kashikiri.htm
桐箪笥
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kiritansu/

Last update:2014/12/16